おでかけ

千葉県立中央博物館

千葉県の自然と歴史について
学べる総合博物館

「地学」「生物」「海洋」「歴史」など
さまざまな展示コーナーがあり1日中楽しめる♪

体験学習室(たいけんのもり)

シカ、ウサギ、イタチ、カモ、キジなどの剥製やイルカの骨、アンモナイトの化石、いろいろな木の幹や大きな切り株などを実際に触ったり動かしたりしながら、物の見方・調べ方について学習できる!
土器の復元パズルで遊んだり、子ども向け図鑑や絵本も自由に読むことが出来ます♪

房総の地学展示室

房総最古の地層の形成から現在までに至る房総半島の大地の成り立ちが紹介されています!
房総半島周辺の地震、潮汐・海流、気候・気象などが学べるコーナーもありますよ!

房総の生物展示室

生息環境ごとに生物たちの生活を紹介♪
身近な街中から始まり、郊外の田園地帯に出て、川をさかのぼり、房総半島の南部の丘陵地
という順に並んでいます。
場所が変わるごとに生き物の暮らしも変わってくるんですね!

海洋展示室

千葉県をとりまく海の自然環境と、そこで生活する多種多様な生物について学ぶことができます!

生物の分類展示室

千葉県に住む生物が分類体系ごとに展示されており、高等植物や昆虫など、
さまざまな生き物が展示されているので、実物図鑑として学ぶことができます!
大きなクジラの骨やナウマンゾウの化石もあり、大人もワクワクする空間です♪

小動物展示室

身近に生活しているカエル、ヘビ、水生昆虫、淡水魚などの小動物が飼育されており、
小さな動物たちの習性や表情が観察できます♪

房総の歴史展示室

旧石器時代から現代にいたる房総の歴史が、政治・経済・文化を中心に展示されており、各コーナーには各時代を象徴する文化財が配置されています!
分かりやすい解説と豊富な資料で、郷土房総の歴史の世界を楽しもう♪

自然と人間のかかわり展示室

千葉県の農村と都市を比べながら、私たちと自然にどのような関係性があるのか考えることができるエリア!
また、山と人のかかわり、海に生きる、都市化と生物、東京湾の変貌の4つの小テーマ
も展示されています♪

住所〒260-8682
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955−2
営業時間午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
※詳細は公式HPをご確認ください。
休園日公式HPをご確認ください
最寄り駅「JR千葉駅」からバスで約15分
バス下車徒歩で約7分
 「JR京成千葉寺駅」からバスで約15分
バス下車徒歩で約7分
「京成千葉寺駅」からバスで約5分
バス下車後徒歩で約7分
施設設備
公式サイトhttps://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/
SNS
日本で唯一、博物館に
「生き物が自然で暮らす様子が観察できる生態園」
が併設されています!

関連記事

  1. あしかがフラワーパーク
  2. 富士サファリパーク
  3. 辻堂海浜公園
  4. こどもの国
  5. しながわ水族館
  6. もりのゆうえんち
  7. Yokohama Strawberry Festival 202…
  8. さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
PAGE TOP